教員情報詳細

英語版はこちら >

2024年04月15日 現在

小澤 未緒 
(オザワ ミオ)
OZAWA MIO
准教授
所属 大学院医系科学研究科(保)
領域 看護学《保健学》
学位 東京大学 博士(保健学)
東京大学 修士(保健学)
聖路加看護大学 学士(看護学)
専門 医歯薬学 / 看護学 / 生涯発達看護学
研究キーワード 多職種協働 / 看護師の専門性 / 痛みの予防と緩和 / ガイドライン作成 / 患者家族中心のケア / エビデンスに基づく実践
コメント 2001年に聖路加看護大学看護学部看護学科を卒業後、聖路加国際病院で看護師として勤務。
2006年に東京大学大学院医系科学研究科(看護管理学/看護体系・機能学分野)修士課程へ進学、2011年に同大学院博士課程を修了。
2011年に広島大学大学院保健学研究科附属先駆的看護実践支援センター「新生児集中ケア認定看護師養成課程」専任教員(特任講師)着任、2012年に広島大学講師、2018年から現職。
看護学研究者の立場でNICUに入院する新生児の痛みのケアの質保証に寄与する教育や研究に取り組む。研究テーマは「新生児の痛み」「患者家族中心のケア」「看護継続教育」「看護の質保証」など。
2021年から、NICUに入院している新生児の痛みのケアガイドライン作成委員会委員長として「患者・市民参加のNICUに入院する新生児の痛みのケアガイドライン作成」に取り組んでいる。
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
新生児に痛み少ない医療を 関係4学会がガイドライン 神経発達への影響否定できず 処置前後のケア推奨 山陰新聞社 山陰新聞 20151013~20151013
新生児に痛み少ない医療を 発達に影響も 関係学会が指針 株式会社全国新聞ネット 47NEWS 20151006~20151006
「赤ちゃん治療の痛みケア 糖分含ませる・両手で体包む 朝日新聞社 朝日新聞 20141028~20141028
集中治療室の赤ちゃん、痛み和らげよう 看護師ら指針案 朝日新聞社 20140716~20140716
ジャンル 医学・医療
健康と社会
看護
SDGsの目標 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう
教育プログラム 【学士課程】 医学部 : 保健学科 : 看護学プログラム
【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム