教員情報詳細

英語版はこちら >

2024年04月22日 現在

顔写真

杉山 政則 
(スギヤマ マサノリ)
SUGIYAMA MASANORI
共同研究講座教授
所属 大学院医系科学研究科(薬)
領域 生命医療科学《生命医療科学》
学位 広島大学 工学博士
広島大学 工学修士
専門 医歯薬学 / 薬学 / 天然資源系薬学
研究キーワード X線結晶構造解析 / タンパク質の立体構造解析 / 放線菌 / 植物由来乳酸菌(植物乳酸菌) / 分子微生物学 / 遺伝子制御科学 / 抗生物質 / プロバイオティクス / 二次代謝産物
コメント 抗生物質をつくる微生物として知られる「放線菌」を研究して40年以上経過しました。「同じ研究を10年続ければ専門家に,一生続ければ大家になれる」と, かつて, 卒論生として所属し, その後, 助手として採用された研究室の教授から励まされながら,放線菌の「自己耐性機構」に関する研究を推進し, これまでに2つの学会賞(日本醗酵工学会, 日本放線菌学会)を受賞しました。
一方, 2003年, 文部科学省の知的クラスター創成事業, その後の産学官連携促進事業などの大型プロジェクト研究に採択され, 植物から探索分離した乳酸菌(植物乳酸菌)の保健機能性に関する基礎および実用化研究に力を注ぎ,「脂肪肝の改善や体内脂肪の蓄積抑制に有効な植物乳酸菌」を見出しました。現在は, 「生活習慣病」や「未病」の改善, 並びに「精神疾患」に有効なプロバイオティクスに関する研究に力を注いでいます。ちなみに, プロバイオティクスとは「ヒトの健康に有効な生きた微生物」のことです。杉山プロジェクトの研究成果として, 植物乳酸菌による新奇ヨーグルト製造法の開発に世界に先駆けて成功し,平成20年に文部科学大臣表彰 科学技術賞「技術部門」を受賞しました。その後, 健康長寿社会の実現に向けた先進乳酸菌科学の普及啓発活動に尽力した功績により, 平成26年に2度目の文部科学大臣表彰 科学技術賞を「理解増進部門」で受賞しました。さらに, 放線菌と乳酸菌の基礎及び応用に関する教育研究の顕著な功績により, 平成26年, 第71回中国文化賞を受賞しました。今後とも, プロバイオティクスによる健康長寿社会の実現をめざした研究を推進していきます。
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
国内会議(地方) 生活習慣病の予防改善を! 植物由来の乳酸菌の研究を続ける杉山教授をお迎え NHK広島放送局 金曜夕方どぉかいの 20140611~20140611
ジャンル
SDGsの目標
教育プログラム 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム