教員情報詳細

英語版はこちら >

2022年10月03日 現在

片柳 真理 
(カタヤナギ マリ)
KATAYANAGI MARI
教授
所属 大学院人間社会科学研究科
領域 法学《法学・政治学》
学位 ウォーリック大学 法学博士
エセックス大学 国際人権法修士
東京外国語大学 修士(国際学)
専門 社会科学 / 政治学 / 国際関係論
社会科学 / 法学 / 国際法学
研究キーワード 平和のためのビジネス / 平和構築、平和維持、紛争予防、紛争解決、国際法、国際人権法
コメント 専門は国際法、特に国際人権法で、平和維持・平和構築の実務経験をもとに、平和構築の研究をしています。特に紛争と平和構築が人に及ぼす影響に関心があり、人権の視点から平和構築を考えています。現在進めている研究は、ビジネスを通じた平和構築、緊急時の教育(education in emergencies)、ユス・ポスト・ベルム、セキュリティ・ガバナンスなどです。
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
NHKワールド Newsroom Tokyo "Atomic Bombing of Hiroshima Remembered" 20160805~20160805
ジャンル 人権問題
平和構築
平和学
国際政治
海外の法律・国際法
SDGsの目標 1 貧困をなくそう 2 飢餓をゼロに 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 6 安全な水とトイレを世界中に 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 12 つくる責任つかう責任 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう
教育プログラム 【学士課程】 総合科学部 : 国際共創学科 : 国際共創プログラム
【修士課程】 人間社会科学研究科 : 広島大学・グラーツ大学国際連携サステイナビリティ学専攻
【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 国際平和共生プログラム
【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 国際平和共生プログラム
関連動画

【総合科学部】紛争と平和そして今日-サラエヴォの経験から学ぶ-

【34:13】

本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム