教員情報詳細

英語版はこちら >

2024年05月20日 現在

顔写真

今野 伸樹 
(イマノ ノブキ)
IMANO NOBUKI
助教
所属 大学院医系科学研究科(医)
領域 放射線《臨床医学(内科系)》
学位 広島大学 博士(医学)
専門
研究キーワード
コメント がん治療の発展は目覚ましく、最新の知見は日々更新されています。そうした最新の知見を踏まえながら、目の前の患者さん一人ひとりにの思いに寄り添う治療を実践したいと思います。
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 肺癌に対する放射線治療による放射線肺臓炎 ~人工知能を用いて、治療前のCT画像からリスクを予測~ 広島大学 日経メディカル 20210826~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 肺癌に対する放射線治療による放射線肺臓炎 ~人工知能を用いて、治療前のCT画像からリスクを予測~ 広島大学 日刊工業新聞 20210826~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 肺癌に対する放射線治療による放射線肺臓炎 ~人工知能を用いて、治療前のCT画像からリスクを予測~ 広島大学 中国新聞 20210826~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 肺癌に対する放射線治療による放射線肺臓炎 ~人工知能を用いて、治療前のCT画像からリスクを予測~ 広島大学 時事メディカル 20210826~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 放射線治療による副作用を染色体異常数の血液検査から予測 ―個人の放射線感受性に基づいた個別化治療の可能性― 広島大学 日刊工業新聞 20210309~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 放射線治療による副作用を染色体異常数の血液検査から予測 ―個人の放射線感受性に基づいた個別化治療の可能性― 広島大学 RCC 20210309~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 放射線治療による副作用を染色体異常数の血液検査から予測 ―個人の放射線感受性に基づいた個別化治療の可能性― 広島大学 中国新聞 20210309~
広大・部局 国内会議(全国) プレスリリース 放射線治療による副作用を染色体異常数の血液検査から予測 ―個人の放射線感受性に基づいた個別化治療の可能性― 広島大学 日経メディカル 20210309~
ジャンル
SDGsの目標
教育プログラム 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 医学物理士プログラム
【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム
関連動画

【研究成果】放射線治療による副作用を染色体異常数の血液検査から予測~個人の放射線感受性に基づいた個別化治療の可能性~

【2:11】

本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム