教員情報詳細

英語版はこちら >

2024年05月13日 現在

岡崎 啓史 
(オカザキ ケイシ)
OKAZAKI KEISHI
准教授
所属 大学院先進理工系科学研究科
領域 地球惑星科学《地球科学・環境地球学》
学位 広島大学 修士(理学)
広島大学 博士(理学)
専門 数物系科学 / 地球惑星科学 / 固体地球惑星物理学
数物系科学 / 地球惑星科学 / 地質学
数物系科学 / 地球惑星科学 / 岩石・鉱物・鉱床学
研究キーワード プレートテクトニクス、沈み込み帯、地震、海洋プレート、海洋地殻、マントル、変成岩、レオロジー、破壊、高温高圧実験
コメント 地球内部の様々な環境 (高圧/低圧、高温/低温) で起こっている様々な変形 (地震性/非地震性、脆性/塑性、高速/低速) や流体移動を実験室で再現するためにいろいろな高温高圧岩石変形透水試験機を作ったり改良しながら使って研究をおこなっています(フィールドワークや数値計算などにも興味はあるのですが)。例えば;
1. 惑星表面のプレートを動かしている、岩石(=鉱物多結晶体)の破壊・摩擦・結晶塑性変形の基礎物理,
2. 地震発生メカニズム(深発地震やスロー地震などの"へんな地震”のメカニズムも含む),
3. 断層帯に産する物質の摩擦特性,
4. 沈み込み帯に存在する岩石(主に変成岩)のレオロジー,
5. 海洋プレートの化石”オフィオライト”の岩石物理学的特性,
6. 鉱物の変成反応(含水・脱水反応)と地震活動との関連,
7. 沈み込み帯、堆積盆、大陸地殻中など地球内部の流体移動について,
8. 二酸化炭素地下貯留、放射性廃棄物の地層処分に関連したシール堆積岩層の評価,
9. 回転ダイヤモンドアンビルセルを用いたマントル遷移層以深の地球内部レオロジーの理解, など
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
ジャンル
SDGsの目標
教育プログラム 【学士課程】 理学部 : 地球惑星システム学科 : 地球惑星システム学プログラム
【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 地球惑星システム学プログラム
【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 地球惑星システム学プログラム
本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム