教員情報詳細

英語版はこちら >

2022年09月26日 現在

片桐 清文 
(カタギリ キヨフミ)
KATAGIRI KIYOFUMI
教授
所属 大学院先進理工系科学研究科
領域 材料化学《化学・化学工学》
学位 奈良先端科学技術大学院大学 博士(工学)
奈良先端科学技術大学院大学 修士(工学)
専門 化学 / 材料化学 / 無機工業材料
工学 / 材料工学 / 無機材料・物性
化学 / 材料化学 / 有機・ハイブリッド材料
総合理工 / ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料化学
化学 / 材料化学 / デバイス関連化学
複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学
研究キーワード 構造発色性材料 / 有機-無機ハイブリッド材料 / ナノハイブリッド材料 / 水熱合成 / ナノ粒子 / ゾル-ゲル法 / 交互積層法 / 複合アニオン化合物
コメント 有機、無機にとらわれることなく、複数の物質の機能や構造を融合した革新的な機能性材料の創成に関わる研究を遂行している。
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
金属酸窒化物、尿素で2時間合成 広島大と北大 日刊工業新聞 日刊工業新聞 20210317~
構造色を活用 塗装技術 色あせにくく毒性なし 広大など開発 数年先の実用化目指す 読売新聞 読売新聞 20200829~
広島大ら,白黒粒子でカラーコーティングを作製 OPTRONICS ONLINE OPTRONICS ONLINE 20200827~
広島大など、摩耗に強い発色塗装 「構造色」で安全・安価 日刊工業新聞 日刊工業新聞 20200827~
広島大など、鳥の羽色から着想した色材の実用性を向上 国立環境研究所 国立環境研究所「環境展望台」 20200826~
ジャンル エネルギー
化学
ナノテクノロジー
新技術
SDGsの目標 3 すべての人に健康と福祉を 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 12 つくる責任つかう責任
教育プログラム 【学士課程】 工学部 : 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) : 応用化学プログラム
【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 応用化学プログラム
【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : スマートイノベーションプログラム
【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 応用化学プログラム
【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : スマートイノベーションプログラム
関連動画

【研究成果】エコで鮮やか、頑丈なコーティングを実現 (2020826)

【2:15】

本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム