教員情報詳細

英語版はこちら >

2022年09月26日 現在

顔写真

小口 悠紀子 
(コグチ ユキコ)
KOGUCHI YUKIKO
准教授
所属 広島大学大学院
領域 日本語教育学《教育学》
学位 広島大学大学院 博士(教育学)
広島大学大学院 修士(教育学)
専門 人文学 / 言語学 / 日本語教育
研究キーワード コーパス / 発話 / 作文 / フィードバック / 第二言語習得 / 主題 / 談話 / 第二言語習得論 / 日本語教育学
コメント 専門は、教材論・言語教授法、日本語教育学。<br /><br />

主な研究テーマは次の3つです。<br /><br />

_____________________________<br /><br />

(1)タスク・ベースの言語指導(TBLT)の実践研究(Task based Language Teaching)
<br /><br />

(2)発話コーパス資料や談話資料を用いた第二言語習得研究

<br /><br />

(3)広島県・東広島市在住の外国籍住民と市民をむすぶ防災学習支援
<br />
____________________________<br /><br />
<br />
<br />
(1)について<br />
コミュニケーション能力育成を目指す日本語教育を実現するにあたり、日本語教育に「タスク・ベース」の考え方を取り入れた授業実践、実践報告をしています。日本語教師をしている方と共に、不定期に勉強会や講演、ワークショップなどを実施しています。<br /><br />
(2)について<br />
発話コーパス資料や談話資料を用いた第二言語習得研究として、例えば下記のような研究をしています。<br /><br />
・談話における「は」と「が」の使い分けなど、主題卓越構文にまつわる習得研究<br />
・談話を伝わりやすく生き生きとしたものにする話者の工夫(評価方略)に関する研究<br />
・作文における「ねじれ文」など、「主題を含む構文」にまつわる研究
<br /><br />
コーパスや談話資料の分析を通し、日本語の習得過程や習得にかかわる要因について研究しています。<br />学習者にとって「なにが」「なぜ」難しいのか、という日本語教師をしていて感じる疑問を探っていくことで、日本語指導や教材開発に役立てたいと考えています。<br /><br />
(3)について<br />
広島県・東広島市は平成30年7月西日本豪雨で大きな被害を受けました。その後の豪雨でも土砂災害や川の氾濫などに見舞われています。<br />
「地域在住の外国籍住民、日本語学習中の方々が、災害発生時に頼れる市民とつながりを創出すること」をモットーに、参加型の防災学習・減災学習を企画・運営し、講師やファシリテーターを務めています。<br />
 例)LEGO®️で考える災害に強いまち<br />
<br />
LEGO®️やKAPLA®️などを用いて、成人・親子・子ども向けに応用可能な「コミュニケーションを重視した防災活動タスク」を提案しております。やさしい日本語を使用することで、多様な方にご参加いただけるよう工夫をしております。
<br /><br /><br />
____________________________<br /><br />
講演・ワークショップ講師等のお問い合わせはメールアドレス宛にお願いします。お引き受けする全ての講演・ワークショップ等において、小さなお子様・赤ちゃん連れの方の参加を歓迎しております。
<br /><br />
____________________________<br /><br />

大学院での指導、研究生ご希望の方は個人ホームページをご覧の上、必要事項を含めた上でご連絡ください。<br />
https://ykoguchioffice.wixsite.com/mysite-1<br /><br />
研究者総覧 研究者総覧のページはこちら
過去のメディア掲載
出演情報
国内会議(地方) 日本語教育・外国籍住民の防災活動支援 日本語教育・外国籍住民の防災活動支援 東広島ケーブルメディア
ジャンル 教育・学校・語学
高等教育
幼児教育・育児・子育て支援
心理学
防災・減災
SDGsの目標 1 貧困をなくそう 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任つかう責任 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう
教育プログラム 【学士課程】 教育学部 : 第三類(言語文化教育系) : 日本語教育プログラム
【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 教育科学専攻 : 日本語教育学プログラム
【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 教育科学専攻 : 日本語教育学プログラム
本学への取材について
本学への取材については、以下の連絡先までご相談ください。

広島大学広報グループ
E-mail : koho[at]office.hiroshima-u.ac.jp
([at]は@に置き換えてください)
TEL:082-424-3701, 3749 / FAX:082-424-6040
〒739-8511 東広島市鏡山1-3-2

取材申込フォーム